「春」と「肝」│鍼灸・オイルマッサージサロン 表参道Qinowa

Qinowaコラム

2020年04月15日

「春」と「肝」

Pocket

こんにちは!

治療室Qinowaの朝日です。

いつもありがとうございます。

 

季節は春ですが、今年は新型コロナ騒ぎでるお花見も自粛になり、外出も出来ず、残念ながら今年の春は満喫できそうにありませんね…

 

皆さんは、家で過ごす時間が増え、いかがお過ごしでしょうか?

 

春は「肝」と深い関わりがある

この季節は、寒い冬から暖かい春へと移り変わる時期で、心も身体も目覚め、不安定になりやすい状態です。

東洋医学では、「春」は五臓の「肝(かん)」と関係が深い季節と言われています。

肝って肝臓のこと?と思うかもしれませんが、西洋医学の肝臓の働きは、身体の血液を貯蔵したり、分解、解毒などを行なっている臓器ですが、東洋医学でいう肝は、この他に色々な働きがあります!

 

肝の働きとは?

 肝の働きには、主に2つあります!

 

① 疏泄作用(そせつさよう)

疏泄作用とは、身の気の流れをスムーズにする働きです。

この作用によって、自律神経の働きを調節し、情緒の安定にも関与します。

 

② 蔵血作用(ぞうけつさよう)

蔵血作用とは、血液を貯蔵したり、血液の量を調節する働きのことです。

血液は、細胞や器官に栄養と潤いを与えます。

また、運動時には血液の量を増やして、酸素を取り込み全身に巡らせたり、寝ている時は、血液量を減らしたりしています。

 

肝の不調とは…?

春は特に、新年度や新学期が始まりますので、新しい環境に慣れるまで気を遣ったり、気が張ったりして、心身共に疲れやすいですよね。

肝は、自律神経を調節しているので、季節の変わり目という点から、春の陽気にストレスを受けやすいと言われています。

ストレスを受けると、以下の不調が現れやすくなります。

 

・イライラ、憂うつ感

・不眠

・目の乾き、目がかすむ

・皮膚や髪の乾燥

・筋肉がつる、手足のしびれ

・月経不順、更年期障害

など…

 

気の巡りが悪くなると「気滞(きたい)」というに状態になり、憂うつな気持ちになり、精神的に不安定になります。

また、気が逆流すると「気逆(きぎゃく)」になり、のぼせや、めまい不眠などの症状が現れやすくなります。

 

肝は、血液を貯めたり、量を調節する機能があるので、これが低下すると身体の血液が不足して「血虚(けっきょ)」という状態になります。

肝は、筋肉や目、爪などにも関与しているので、筋肉に栄養が行き渡らず、つりやすくなったり、痙攣しやすくなったりします。

他には、目がかすんだり貧血や、爪が割れやすいなどの症状も現れます。

 

また、肝はホルモンとも関わりが深いので、この時期に生理が乱れたりのぼせめまい頭痛などの症状も多く見られます。

 

春を快適に過ごすためには…

肝は、ストレスや疲労、睡眠不足、目の使い過ぎによって、機能が低下してしまいます。

ですので、気分転換をしながらストレスを発散させ、充分な睡眠を取り身体を休め、眼精疲労を感じたら、眼のストレッチ等を行なって、春を上手に過ごしください。

 

詳しい内容は、「春の養生」のコラムでご紹介いたします!