マスク肌荒れ│鍼灸・オイルマッサージサロン 恵比寿Qiroom × 表参道Qinowa

Qinowaコラム

2020年05月19日

マスク肌荒れ

Pocket

みなさんこんにちは、治療室Qiroom原田です^^

ここ数ヶ月マスクをしていない日はないかもしれません…冬から春、梅雨へと季節は変わるなかで、ずっとマスクをつけた生活では肌への影響も大きくなります。

実際にマスクによる肌荒れを感じているという声もありますので、今日はマスクによる肌荒れについてお話ししていきたいと思います。

マスクをすると肌は乾燥する!?

マスクをつけていると呼吸によって、覆われている肌は保湿されている状態になります。ですが!マスクを外した瞬間!一気に湿度は奪われます。

肌とマスクは密着した状態になっていることも多く、せっかく塗った化粧水やクリームなどもマスクに付いてしまうためマスクを外すとお肌は守ってくれるものがない状態…そのまま放置してしまうとお肌は乾燥してしまいニキビやくすみの原因になってしまいます。

マスクが肌荒れやくすみの原因に!?

これから季節が進み、湿度が出てくるとなおさらですが、マスクのなかは高温多湿になりやすいです。そうなると増殖しやすくなる雑菌!

以前はニキビの原因と考えられていたアクネ菌、今はニキビを悪化させると言われていますが、アクネ菌が活発になってしまう条件として

①毛穴のつまり②皮脂③①、②による酸素のない状態

これが揃うと普段は悪さをしないアクネ菌が活発になってしまいます。雑菌は毛穴のつまりに繋がりますし、お肌の乾燥は余分な皮脂を生みます、ニキビが悪化する状態になってしまいます。

そして、くすみの原因は以前のコラムでもお話ししましたが、乾燥したお肌のガサガサした表面が小さく小さく影をつくりその小さい影はお顔全体の印象を暗くし、マスクによるお肌への摩擦も色素沈着を生みやすく徐々に顔色を変えてしまいます!

マスク生活はまだまだ続くのに、気持ちまで暗くなりますね^^;

マスク肌荒れ対策!

マスクによるお肌のダメージを0にすることは難しいです。ですが、対策をしていくことで少しでも綺麗なお肌でいられるように日々努力はしたいですよね。まず!

『清潔にする』

特にこれからの季節、お肌の清潔さを保つことは第一です。口のまわりに汗をかいていると感じた時はこまめに拭き取るようにしてください(必ず清潔なハンカチやタオル、ティッシュで)そして

『保湿する』

感染症予防としてもお家についたら、すぐにお風呂に入った方がいいとされています。マスクもお家では外しますし雑菌が増殖しないうちにお風呂と同時に顔を洗い、清潔な状態でしっかりと保湿しましょう。難しい場合はメイクの上から保湿できるミストタイプのオイルや化粧水などで保湿するのがおすすめです。

『フェイスパウダーで摩擦防止』

色素沈着によるくすみはなかなか対策が難しいのですが、摩擦をいかに減らしていくかが大切になります。マスクと触れてしまう部分には多めにパウダーをつけ摩擦を防ぐようにしていきましょう。マスクについてしまうのが気になる方はベビーパウダーもおすすめですが、乾燥しやすくなる方もいるのでお肌の状態に合わせて使ってください。

そんなに難しいことではないですが、意識するのとしないのでは大きく違ってきます。ぜひ今日から!気をつけてみてくださいね^^