マスク生活による顔のたるみ│鍼灸・オイルマッサージサロン 表参道Qinowa

Qinowaコラム

2021年09月16日

マスク生活による顔のたるみ

Pocket

こんにちは。治療室キノワの辻です🍀

最近、マスク生活やリモートワークで人とお話しする機会が前より減ったりましたよね。

普段マスクしていたり、人と会わなかったりすると気にしていなかったが、いざマスク外してリモート会議などに映る自分の顔のたるみや口周りのたるみがすごく気になったとの声を多く聞きます。

今回は、たるみの原因やご自宅で簡単ツボ押しセルフケアをご紹介していきたいと思います。

 

顔や口周りたるみの原因

マスクによる圧迫やストレスで、普段かみしめたりしない方も無意識でグッとかみしめていて頬の筋肉(咬筋)や耳周りが凝りやすくなっています。

マスク生活では口を大きく動かすことが少なくなり、表情筋が衰えていきます。

そうすると、筋肉は衰えてきたり、凝っているので重力に逆らえず、どんどん下がってしまいたるみの原因になっていきます。

 

ご自宅で簡単ツボ押しセルフケア

今回、ご紹介するツボは、5つのツボをご紹介いたします

頬車(きょうしゃ)

場所:耳の付け根とえらのちょうど中間あたりから1cmほど内側にある、口を開くとくぼむ部分

巨髎(こりょう)

場所:鼻の両脇、小鼻の外側と黒目からまっすぐ下に下ろした線が、交わうところ

迎香(げいこう)

場所:小鼻の脇にあるくぼみ

地倉(ちそう)

場所:口角の左右外側にある

下関(げかん) 

場所:耳の穴から頬骨に向かって指をスライドさせると骨がくびんでいるところ(口を開くと骨がボコッと出るところ)

 

スキンケアの時にツボを押したり、下関をグーっと押さえながら口を大きく開いてゆっくり閉じる動作を10回する運動などぜひ、やってみ

てくださいませ!!

また、当店では美容鍼のみではなく美容鍼に低周波電流を流したり、かっさを用いたフェイシャルコースなどもございますので、お試しくださいませ!