呼吸は手軽なリラックス法♪│鍼灸マッサージサロン Qiroom×Qinowa

Qinowaコラム

2020年06月06日

呼吸は手軽なリラックス法♪

Pocket

こんにちは!Qinowaの朝日です😊

 

みなさんは、普段から意識をして呼吸をしていますか?

 

私たちは普段、無意識に呼吸をしてますが、ストレスや緊張している時、不安を感じている時には、呼吸が浅くなりがちです。

 

また、家にいて、スマートフォンやパソコンを長時間見ていると、姿勢が悪くなります。

そうすると、首が前に出て猫背になり、肺が圧迫されて呼吸が浅くなってしまいます。

 

これからの季節、外出する際にマスクをしていると、暑苦しくて、更に呼吸が苦しく感じますよね…

 

呼吸が浅くなると…?

呼吸が浅いと、肩や胸だけで呼吸をしているので、血液中の酸素が不足してしまいます。

全身に酸素が行き渡らないので、さまざまな症状が出やすくなります。

 

・血流が悪くなる

・老廃物が溜まりやすくなる(便秘やむくみなど)

・疲れやすくなる

・イライラしやすくなる

・声が小さくなる

・肩凝り

など…

 

呼吸と自律神経

呼吸をすることによって、自律神経が整えられます。

例えば、ストレスを感じているときは、交感神経が働き、息を吸うのがメインになる呼吸になります。

 

反対に、リラックスしている時は、副交感神経が働くので、吐くことがメインになる呼吸になります。

 

呼吸の効果とは?

呼吸を整えることによって、全身に酸素が取り込まれるので、血流が良くなります。

また、頭がスッキリしたり、リラックス効果もあるので、気分も落ち着くことができます!

 

腹式呼吸をしてみよう!

深い呼吸をするためには、腹式呼吸がオススメです!

お腹を使うことによって、横隔膜を広げ、肺にしっかり酸素を送り届けることができます。

 

①仰向けに寝るか、背筋を伸ばして座わります。

 

②お腹に手を当てて、鼻(または口)からゆっくりと息を吐き切ります。

この時、お腹を凹ませるように意識をしてください。

 


 

 

③息を吐き切った所で、鼻から大きく息を吸います。

この時、お腹を膨らませるように意識をしてください。

 

 

④息を吸い切ったら、またお腹を凹ませるように、息をゆっくりと吐き切ります。

 

※息を吐くときは、吸う時よりも2倍の時間をかけて、ゆっくり長く吐いていきましょう!

 

 

朝起きた時や、呼吸が浅くなっているなと感じた時に、お試しください😊

 

リラックス効果があるだけでなく、お通じが良くなったり、お肌の調子を整える事にも繋がりますので、オススメです✨