簡単セルフケア⭐︎手足の冷え改善に!温冷浴法⭐︎│鍼灸・オイルマッサージサロン 表参道Qinowa

Qinowaコラム

2020年04月13日

簡単セルフケア⭐︎手足の冷え改善に!温冷浴法⭐︎

Pocket

みなさん、こんにちは!
治療室キノワ まつはらです!

 

お家での生活が長くなり、ずっと身体や手足が冷えているという声が多くなっております。💦

 

みなさんの手足は、今あたたかいですか?
触れて確認してみましょうか(🤗)

 

会社に出勤するということで、外気に触れたり、駅の階段を上ったり下りたり、誰かと話したり、荷物を持って運んだり、歩いたり、、、と、私たちの体は意識することなく様々な刺激を受けて暮らしていました。

 

外出制限や在宅勤務により、気温の変化やこれらの刺激もないために、体が冷えやすかったり、オンオフの切り替えが出来ずに、心身の気だるさを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今日はそんなみなさんにオススメ✨
自宅で簡単にできるセルフケア「温冷浴法」のご紹介です😊

 

温冷浴法ってなに?

温冷浴法とは、温かいお湯と冷たい水を交互に浴びる入浴法の事です。

「冷たい水」と聞くと、想像するだけでブルッと寒気がしそうですが、実はしっかりと温めた体を急激に冷やすので毛穴や血管が収縮して引き締まり、取り入れた熱が外に逃げないため温かさが持続しやすくなるのです!

今、足が冷たいなと感じている皆さんは、ぜひお試しください🤗✨

 

どんな効果があるの?

 

温冷浴は、お風呂に入ってリラックスして緩んだお体を、冷水で引き締め、またお湯で緩ませ、冷水で引き締め、というのを繰り返すことにより、意図的に血管を収縮させます。

この血管の弛緩と収縮が血行を促進させ、冷えを改善したり、溜まった老廃物(凝り)を流してくれるのです!

また、冷えの改善だけでなく、ゆるめる(副交感神経)と、引き締める(交感神経)の刺激が、自律神経を活性化させるため、免疫を高めたり、睡眠の質をあげたり、なんとなくだるい、やる気が起きないといった、スイッチの切り替えがうまくいかない方にもぴったりの健康法になります🤗✨

 

⭐︎温冷浴をやってみよう!

 

① いつものように入浴する
(普段シャワーの方は、この機会に入浴をオススメしますが、難しい場合はシャワーで手足を温めてあげてください)

 

② お風呂から上がる際に、シャワーを水にし、足首から足先まで、手首から手先までに冷たさを感じなくなる程度まで、少しずつかける
(初めての方は、まずは手先足先からでもOKです)

 

③ また湯船につかり、手足がしっかりあたたまるまで体を温める
(シャワーの方は、温水に切り替え、手足にかけます)

④ シャワーを冷水に切り替え、②と同様に手先足先にかけていく

これを3〜4回程度繰り返します!

⑤最後は冷水のシャワーで終える

これだけです😊

※注意点
普段から立ちくらみやふらつきがある方は、お風呂に腰をかけるようにして座って行ってください✨
慣れないうちは冷たい水に体がビックリすることもあるので、出来る範囲で始めてみてください🤗✨

継続することで、冷え体質の改善にも繋がっていきます😊
ポカポカ身体で、元気に過ごしましょうね😊✨