どうして鍼(ハリ)が効くの!!?痛くはないの??│鍼灸・オイルマッサージサロン 表参道Qinowa

Qinowaコラム

2022年03月31日

どうして鍼(ハリ)が効くの!!?痛くはないの??

Pocket

こんにちは。表参道キノワの佐藤緑です🍀   

鍼灸師になり色々な患者様とお話させて頂く機会がありよく耳にするのが、

『鍼(ハリ)って痛そう。怖い!』

そんなお声をよくお聞きします。確かに先の尖ったハリを体に刺すと聞くと痛そうで怖い印象がありますよね。 体にハリを刺して本当に痛くないの?どんな感じなの?興味があるけど得体がしれなくて怖い、、、               

今回はそんな不思議が沢山!魅惑な《鍼》についてお話ししたいと思います。

 

🔹鍼の不思議Q &A🔹

Q.そもそも鍼治療では何ができるの??

A

・首肩凝り、腰痛、膝痛等の改善

・頭痛、耳鳴り等の改善 

・下痢や便秘の改善 

・冷え、むくみの改善   

・お医者さんでは問題ないと言われた症状の改善(体が重たい、疲労感が抜けない等)                    

・美容(アンチエイジングやお顔の引き上げ等)

その他にも運動器系から自律神経系など様々な体の不調の改善が期待できます。

 

Q.なぜ鍼で改善できるの??

●西洋医学では、凝りや痛みの多くは血行不良によるものと考えます。体に鍼を刺す事により、体の中に異物が入ってきた!とカラダ・脳が反応し、その場所に血液が集まり修復しようと働きます。結果、血行・代謝促進と繋がり痛みの改善となります。

●東洋医学では、体の中では【気・血・水】がバランスよく巡っていると言われています。この巡りがどれか1つでも滞ると不調として体に現れます。鍼でこの滞りを流すことで本来のバランス良い体になり不調の改善となります。

 

 

Q.鍼を刺して痛くないの??

A.鍼の太さは様々ですが、一般的には髪の毛程です。注射針のような痛っ!とした感覚はありません。場所よってはシャーペンの芯を押し当てられるような感じがありますが、ほとんどの場合は痛みは感じません。               

鍼を刺した際には痛みよりも、ジーンとした【響き】というものを感じる事が多くあります。この響きは効いている証拠です。体の中で修復が行われている感じを是非味わってください。

勿論、響きが苦手な方は響かせないように効かせる鍼もあるので心配しなくでも大丈夫です!

まとめ

鍼を行うことで、自分が持っている本来の自然治癒力を高め、痛みや不調を改善することができます。マッサージと違うのはより深いところにアプローチができ、根本的な改善を目指すことができます!鍼の痛みはほとんど無く、痛い場合はお身体が凝り過ぎてしまっているサインかもしれません!? 

体の不調は、体のメッセージです。

  体の声に耳を傾け、体が喜ぶ鍼灸治療に是非、足を踏み入れてみてください。 

 

まずは初回限定100分!鍼灸+アロマをお試しください!きっとお体の変化を実感いただけるはずです。

ご不明なことやご相談ありましたら佐藤までお問い合わせ下さいませ。

佐藤緑鍼灸師