イライラして眠れないときに  睡眠の質を高めるセルフケア③│鍼灸・オイルマッサージサロン 表参道Qinowa

Qinowaコラム

2020年08月23日

イライラして眠れないときに  睡眠の質を高めるセルフケア③

Pocket

こんにちは! 治療室Qiroom 旗本です。

前回は安眠につながる睡眠環境をご紹介しました。実を言いますと連日の猛暑と熱帯夜で私自身も睡眠不足気味だったんです。そこで、睡眠環境をあたらめて整えてみよう!と、コーヒーなどのカフェイン入りの飲み物は午後2時までにし、寝る前にエアコンで寝室をしっかりと冷やす、そして(夜何時に寝ようと)朝は6時に起きて充分に朝日を浴びることを4~5日続けてみたところ、熟睡感が格段にアップ!前日の疲れも取れてフットワークがさらに軽くなりました。 最近眠りが浅くなっている方は、ぜひ睡眠環境を見直してみてくださいね。

東洋医学で「不眠」とは

さて今回は、東洋医学では「不眠」をどうとらえているのか、さらにストレスが原因で眠れないときにおススメのツボをご紹介します。
中国伝統医学における三大古典のひとつ「黄帝内経(こうていだいけい)」は紀元前200年頃に書かれた書物です。その中に「目不瞑」「不得眠」「不得臥」という言葉がみられ、それが現在の「不眠」にあたるとされています。眠れない苦しさは、太古の昔から共通した人々の深い悩みだったんですね。

東洋医学で「不眠」を考えるとき、五臓(肝・心・脾・肺・腎)の働きをベースに根本的な原因をさぐっていきます。その中で今回ご紹介する「ストレスが原因の不眠」は「肝」の働きが関係しています。

不眠と「肝」の関係

肝火による不眠とは

「肝火」をひと言でいうと、イライラや不満を心にぐっと抑え込んで頭に血がのぼった状態です。考え事が頭から離れず、眠ろうとすればするほど目がさえて嫌なことばかり心に浮かんでくる・・・ こんな経験はありませんか?これがまさに「肝火による不眠」の状態です。

東洋医学の五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中で「肝」は、気(エネルギーの源)の流れを調節して血(けつ)と一緒に全身にくまなく巡らせる役割を担っています。
例えば「今日はなんだか気分がいい」という時は、肝が順調に働いて気と血が体のすみずみまで行きわたっている状態。心と体が伸びやかになり、肩こりや疲れなども感じにくくなります。
逆に「なんとなく気分が乗らないなあ、気が重いなあ」というときは、肝の働きが低下して気血の流れが滞っているサインです。気分だけでなく体まで重だるく、気がついたら溜息ばかりついている・・・。こうなると、肝に火がつく直前かもしれません。

肝火による不眠の症状

肝の働きが低下して巡りが悪くなった気や血は熱を帯び、まさにカッカした興奮状態になります。交感神経は緩みにくく戦闘モードにあるので、頭はさえて目が充血。血圧や体温も高いままで胃腸の働きが低下します。

眠れなかった朝、鏡をみると顔色が悪く目が血走っている。胃が重くて口の中も苦い。頭痛やめまい、耳鳴りもある。疲れがまったく取れず体が鉛のように重い。喉がつかえたような感じがする。肩こりや腰痛を強く感じる。
鏡で舌をみると、表面が黄色っぽい苔に覆われている。 これらはすべて「肝火」が原因の不眠の際に、併せて現れやすい症状です。

肝火による不眠におすすめのツボ刺激

「肝」にかかわる経絡「足の厥陰肝経」は、足の親指の外側からスタートし、内くるぶしの前、太ももの内側をのぼっていきます。そして生殖器や肝、季肋(横隔膜)、食道、咽頭、眼につらなったあと、頭頂部にあるツボ「百会」にも通じているのが特徴です。肝火による不眠のときは、この経絡に関わる部位を刺激します。

①百会を爪楊枝でトントン

百会は頭のてっぺんにあるツボです。正確には、両耳を前に折り曲げたときの耳の頂点を結び、眉間の中心から頭頂部に向けたラインが交わるところにあります。 施術前に行うカウンセリングで睡眠に関するお悩みがある方には、実際にこの百会を治療に使うことが多いんですよ。

セルフケアでは、ここを指でイタ気持ちいい力加減で押したり、爪楊枝を束ねたものを鍼の代わりにしてトントンと刺激するのもおススメです。頭がスッとして、こもった熱が抜けていく感じがしますよ。寝る前はもちろん、ちょっと疲れたなと思ったらトントンとやってみてくださいね。

②太ももの内側を下から上にもむ

鍼灸の名人である澤田健に師事した代田文誌の著書「鍼灸真髄」によると『(旅先などで)眠れないときは大腿内側の肝経をもむとよい』と書かれています。両方の親指をそえるようにして、膝の内側(曲げたときにできるシワの端)にあるツボ「曲泉(きょくせん)」から太ももの内側を下から上にゆっくりともんでみましょう。

③肝の熱を冷ます「労宮」と「行間」

手を握ったときに手のひらに中指が当たる場所にあるのが「労宮(ろうきゅう)」というツボ。「行間(こうかん)」は足の第1指と第2指の間のみずかき部分にあるツボです。どちらも肝の熱を冷ます効果がありますので、イライラが強いときはここをギュッと押したり、お灸をしてみましょう。

経絡への刺激は、毎日続けることで体質も変化していきます。ストレスに負けない心と体作りにむけて、今日から小さな一歩を始めてみませんか。

次回は肝火による不眠対策・第二弾。日常生活でのストレス緩和法をご紹介します。